今の気持ちや状況にあった映画を探せる

  • トップ
  • 上司からの無茶振りが辛いときにおすすめな映画3選

上司からの無茶振りが辛いときにおすすめな映画3選

仕事のストレスの中でも、上司がストレスの原因になっている人は多くいるのではないでしょうか?

無茶なことばかり言ってくる上司、仕事ができない上司、すぐ感情的になる上司、責任を部下に押し付ける上司など、悩みの種になる上司のタイプはいろいろありますよね。

上司の無茶振りに疲れたり、上司との関係性にストレスを抱えている人におすすめな映画を紹介します。

プラダを着た悪魔

時間
1時間49分
製作年
2006年
製作国
アメリカ
監督
デヴィッド・フランケル
出演
メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、スタンリー・トゥッチ
あらすじ

ジャーナリストを目指して、オハイオからニューヨークに出てきたアンディは、数々の出版社に履歴書を送るが、唯一採用の連絡をもらったのはファッション雑誌の編集部だった。
ファッションに全く興味はないアンディだったが、生活費を稼ぐためと割り切って、ファッション雑誌のRUNWAY編集部で編集長のアシスタントとして働くことになる。

RUNWAYの編集長ミランダは、ファッション界に絶大な影響力を持つカリスマ編集長。そのため、ミランダのアシスタントは世界中の女性の憧れだが、あまりの厳しさにすでに何人もが辞めている仕事でもあった。
明け方から電話が鳴り、山のような雑用をひたすらこなす毎日だったが、ミランダの下で1年働けば世界中の編集者や記者とのコネもでき、その後は自分の憧れの仕事につけると頑張るアンディだったが、、、。

この映画のポイント

見た目ばかりを気にかけるのではなく、自分の能力で認めて欲しいと考えていたアンディでしたが、頑張って仕事をしていると思っていても、自分が働いてる雑誌のことに無関心だったり、ファッションや見た目にこだわる同僚たちをどこか馬鹿にしている部分がありました。そんなアンディへ、同僚のナイジェルが言った言葉がすごく刺さります。

一生懸命仕事をしていると、頑張りが認められないことへの不満が溜まってしまうこともありますが、自分に求められている仕事とは何なのかや、仕事へ向き合い方を改めて考えさせられる映画です。忙しさや不満を抱えながらも、仕事を頑張っている人にはぜひ見てほしい作品です。

ジャッジ!

時間
1時間45分
製作年
2014年
製作国
日本
監督
永井聡
出演
妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー
あらすじ

広告代理店でCM制作をしている太田喜一郎は、いつもおいしいところだけ持っていく上司の大滝に、いいように使われ振り回されてばかりいた。

大滝は、世界一のCMを決めるサンタモニカ国際広告祭で審査員を務めることになっていたが、大手の取引先から息子が作ったちくわのCMを入賞させないと、別の代理店に乗り換えると言われてしまう。だが、そのちくわのCMがあまりに駄作だったため、大滝は審査員の仕事を太田に押しつけ、ちくわのCMを入賞させないとクビだから言い放つ。

英語が喋れずどうしたらいいかわからない太田は、仕事ができて英語も喋れる同僚の大田ひかりに、妻のふりをして広告祭に同行してくれるように頼むが、、、。

この映画のポイント

最初は頼りなくてダメ社員な太田ですが、任された仕事を全うしようと頑張る中で、目的のために手段を選ばなくなっていく人の心をも動かしていくほど、大きく成長していきます。

上司の無茶振りから国際的な広告祭で審査員を務めることになった太田の奮闘ぶりが楽しめるコメディですが、笑いだけではなく、仕事を始めた時の情熱や大切なことを思い出させてくれる映画です。いろいろなしがらみや利権に振り回されて、やりたい仕事ができていない人には特におすすめです。

超高速!参勤交代

時間
1時間59分
製作年
2014年
製作国
日本
監督
本木克英
出演
佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志
あらすじ

江戸時代中期八代将軍徳川吉宗の時代。全国の大名たちは1年おきに参勤交代をしていた。
磐城湯長谷藩の藩主内藤政醇と家臣たちは10日かけて江戸から戻ってきた翌日、江戸幕府から「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す」という無理難題を申し付けられる。それは、長谷藩の領土にある金山略奪を狙う老中の差金だった。

参勤交代には莫大な金がかかるが、すでに一度参勤交代をしていて、江戸から帰ってきた直後のためお金がなく、湯長谷藩から江戸までは早くても8日はかかる道のりだった。お金がないし時間もないという絶体絶命な状況の中で、内藤と家臣たちは無事に江戸まで辿り着けるのか、、、。

この映画のポイント

江戸時代の幕府からの命令は、今の上司からの命令以上に逆らえないもので、なんとしても達成しないといけないものでした。どんなに無茶な要求をされても、知恵を振り絞って懸命に成し遂げようとしている内藤と家臣たちの姿を見ていると、とても元気づけられます。

仕事をする上でも、初めから無理だと諦めてしまいそうになることがあるかもしれませんが、そんなときに、アイデアを振り絞って成し遂げるための方法を必死で考え実行してみることで、ピンチをチャンスに変えていくことができるのだとガッツが湧いてくる映画です。笑えるシーンも多いので、リラックスして楽しめます。