今の気持ちや状況にあった映画を探せる

  • トップ
  • 自分を変えたいときにおすすめな映画3選

自分を変えたいときにおすすめな映画3選

うまくいかないことが続いたり、自分の考え方や能力、外見などに自信が持てなかったりすると、自分を変えたいと思うことがありますよね?

自分を変えたいと思っているけどなかなかうまくいかなくて悩んでいるときや、変わりたいけどどうしたらいいかわからないときに、そっと踏み出す力をくれるようなおすすめな映画をご紹介します。

恋愛小説家

時間
2時間18分
製作年
1998年
製作国
アメリカ
監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演
ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、グレッグ・キニア
あらすじ

恋愛小説家のメルヴィンは、極度の潔癖症と偏屈で口うるさい性格から周りの人から煙たがられていた。メルヴィンは、行きつけのレストランのシングルマザーのウエイトレスキャロルに密かに恋をしているが、自分が書いている甘い恋愛小説とは違い、現実では好きな相手に暴言ばかり吐いてしまっていた。

隣人のサイモンが飼っている愛犬バーデルに対して、ひどい扱いをしていたメルヴィンだったが、ある日バーデルを預かることになり、、、。

この映画のポイント

主人公のメルヴィンは、人に対して優しくしようと思っても、また人を傷つけるようなことを口走ってしまったりと、なかなか自分を変えることができずに葛藤します。

長年染み付いた自分の考え方や発言を変えていくのは、そう簡単なことではないですよね。
変わりたいと思って努力しても、思い描く姿に変わることができず、できない自分に落ち込んでしまったりすることもあるのではないでしょうか?
そういうときにぜひ見て欲しいとても素敵な映画です。

わたしに会うまでの1600キロ

時間
1時間55分
製作年
2015年
製作国
アメリカ
監督
ジャン=マルク・ヴァレ
出演
リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン、トーマス・サドスキー
あらすじ

大切な人を失ってから酒と男に溺れてきたシェリルは、荒れた生活をリセットするために、アメリカ西海岸にあるメキシコ国境からカナダ国境までを貫くパシフィック・クレスト・トレイルを一人で歩くことを決意する。それは、3ヶ月かけて砂漠や山道が続く1600キロの道のりを歩き続ける気の遠くなるようなものだった。

トレッキングに慣れていないシェリルは、大量の荷物を詰めこんだバックパックを背負いトレイルを歩き始めるが、スタートしてすぐに「バカなことをした」と後悔し始める。
テントを張るのにも苦戦し、コンロの燃料を間違ったせいで温かい食事も食べられず、重い荷物を背負っての移動に体はアザだらけ。シェリルは何度もやめようと思うのだが、、、

この映画のポイント

原作者のシェリル・ストレイドの実話を元にした映画です。シェリルの今までの人生と旅で起こる出来事がクロスオーバーしながらストーリーが進んでいき、シェリルの心の葛藤が丁寧に描かれています。

一人旅をしているといろんなことを思い出したり考えたりしますが、砂漠や山の中でほとんど人ともすれ違わないような環境でひたすら歩き続けるシェリルの旅は、過去の出来事を思い出して葛藤して、ひたすら自分と向き合う旅です。辛いからと途中でやめてしまうことは簡単ですが、歩みは遅くても少しずつ前に進んでいくシェリル。
旅でも人生でも、シェリルのように辛いことから逃げずに向き合って、毎日少しずつでもいいから前に進んでいくことができれば、自分を変えることができるのかもしれないと感じさせてくれた映画でした。

イエスマン "YES"は人生のパスワード

時間
1時間44分
製作年
2009年
製作国
アメリカ
監督
ペイトン・リード
出演
ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル、ブラッドリー・クーパー
あらすじ

元妻と別れてから塞ぎ混んでいるカールは、勤務先の銀行での融資の判断も、上司や友達の誘いも「ノー」と答えてばかりだった。

ある日、親友ピーターの婚約パーティーをすっぽかしたカールは、ピーターから「生き方を変えないと孤独死するぞ!」と怒鳴られる。
その夜、孤独死する夢をみて怖くなったカールは、旧友から人生が変わったからと参加を勧められたセミナーに参加してみることにする。そのセミナーは、全てのことに「イエス」というセミナーだった。

この映画のポイント

面倒だからと人からの誘いを断ったり、新しいことに挑戦しなくなってしまうことは誰にでもあると思いますが、断ってばかりだった誘いに乗ってみたり、今までならやらなかったことをやってみたり、そうした小さな変化から大きな変化は起こるのかもと感じさせてくれる映画です。
見終わった後には、少しフットワークが軽くなっているかもしれません。