今の気持ちや状況にあった映画を探せる

  • トップ
  • コンプレックスに悩んでいるときにおすすめな映画3選

コンプレックスに悩んでいるときにおすすめな映画3選

外見や苦手なことなど自分がコンプレックスに感じていることがあると、それが原因で自分に自信が持てなくなってしまってしまったり、ずっとそのことで悩んでしまったりということがあります。

そんなときに元気や自信をもらえるようなおすすめな映画をご紹介します。

グレイテスト・ショーマン

時間
1時間44分
製作年
2018年
製作国
アメリカ
監督
マイケル・グレイシー
出演
ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ
あらすじ

幼馴染みのお金持ちの家の娘チャリティと結婚したP・T・バーナム。二人の娘にも恵まれ、貧しくても幸せに暮らしていたが、成功して妻と娘たちに貧しさとは無縁の生活をさせたいという気持ちだけは常に持ち続けていた。

銀行から融資を受けることに成功したバーナムは、人はゾッとするものや変わったものを見たがるというコンセプトで、動物の剥製や処刑器具など珍しいものを揃えた博物館をオープンさせる。だが、いくら宣伝しても、博物館を訪れる客はほとんどおらず、全く儲からなかった。

融資の返済に困ったバーナムは、娘の言葉からヒントを得て、髭の生えた女性、毛むくじゃらな犬人間、子どもの身長の青年など、人とは違う個性を持った人たちを集めたショーを始めることにする。

この映画のポイント

サーカスの興行を行った実在の人物P・T・バーナムの人生を描いたミュージカル映画です。
バーナムの成り上がりストーリーであるとともに、バーナムのショーのために集められた個性的なメンバーたちの歌が心に響いてくる作品です。

見た目が人と違うというだけで、世間から蔑まれ隠れるように生きてきた人たちが、人と関わることで何度も傷つきながらも、居場所を見つけていく姿には胸が熱くなるものがあります。「ひどい言葉を浴びせられても、恐れないし謝らない。これが私だから。」と彼らが歌い上げる曲This is meは、自分に自信が持てなくなっているときに自然と勇気が湧いてくるパワーがあり、心に響いてきます。

しっとりしたバラードから躍動感溢れる曲までとにかく名曲揃いで、音楽の力を感じさせてくれる作品です。歌唱シーンの映像も美しいので、普段あまりミュージカル映画を見ない人にもおすすめです。

英国王のスピーチ

時間
1時間58分
製作年
2011年
製作国
イギリス、オーストラリア、アメリカ
監督
トム・フーパー
出演
コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ
あらすじ

英国王の息子ジョージは、子供の頃から吃音に悩んでいてスピーチが何よりも苦手だった。吃音を克服しようと何人もの専門家に頼んでも一向に改善されず、独自の治療法から異端と呼ばれる言語障害の専門家ライオネルの元をもとを訪れる。
王族に対しても遠慮がなく、ジョージを愛称のバーティと呼んで対等な関係で治療を行おうとするライオネルに最初は反発するジョージだったが、治療の効果を実感したことで、ライオネルの治療に真剣に取り組むようになる。

しばらくして、父親のジョージ5世が逝去し、ジョージは望まない王位を継承することになるが、ヒトラー率いるナチスドイツとの開戦が迫っていて、、、。

この映画のポイント

自分が一番苦手で自信がないことを、大勢の国民が聞いている前でものすごいプレッシャーの中やらないといけないという地獄のような境遇にいるジョージ。国のことを思う気持ちや王としての資質は十分にありながらも、コンプレックスが足を引っ張って、自分に自信を持てずにいる姿をみると、本当に応援したくなります。

ジョージとライオネルとの関係性や、ジョージを陰で支える妻のエリザベスもとても素敵でした。自分にとって耳の痛いことでも、本当のことを言ってくれて自分をよくわかってくれてる存在がいるからこそ、気づかされたり頑張れることってあるなあと思いました。

ペネロピ

時間
1時間43分
製作年
2011年
製作国
アメリカ
監督
マーク・パランスキー
出演
クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ
あらすじ

先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳を持って生まれてきた名家の娘ペネロピ。呪いを解く方法は、「名家出身の人間との間に真実の愛を手に入れること」。

母親は世間の好奇の目から守るため、ペネロピを外に出さず屋敷の中だけで育てたが、やがてペネロピが大人になると、呪いを解くために名家の子息を集めて見合いをはじめる。だが、集められた見合い相手たちは、ペネロピの顔を見た途端逃げ出してしまう。一人だけ逃げ出さなかったマックスに、ペネロピは心を許し始めるが、、、。

この映画のポイント

コンプレックスに感じていることがあると、一番厄介なのは自分の気持ちだったりしますが、一歩踏み出すことで世界は広がって、自分の気持ちも変わっていくんだと気づかさせてくれる映画です。