今の気持ちや状況にあった映画を探せる

  • トップ
  • ゲームの世界に浸りたいときにおすすめな映画3選

ゲームの世界に浸りたいときにおすすめな映画3選

ゲームを始めると、ついつい時間を忘れてのめり込んでしまい、気づいたら1日中ゲームをしていたという経験がある人も多いのではないでしょうか?
現実にはないゲームの世界観に引き込まれて、ハマってしまうことも多いですよね。

そんなゲームの世界にどっぷり浸りたいときに、ゲームの世界観をテーマにした映画はいかがでしょうか?
ゲームの世界観が好きな人や、ゲームはあまりやったことがなくても、現実とは違う世界観の映画が見たい人にもおすすめな映画を3本ご紹介します。

レディー・プレイヤー1

時間
2時間20分
製作年
2018年
製作国
アメリカ
監督
スティーブン・スピルバーグ
出演
タイ・シェリダン、オリビア・クック、ベン・メンデルソーン
あらすじ

2045年、荒廃した世界で多くの人々はスラム街での暮らしを余儀なくされていた。
暗い現実から逃げ場を求め、人々は想像がすべて現実になるVRの世界「オアシス」に入り浸っていた。

5年前にオアシスの開発者ジェームズ・ハリデーが死去したが、ハリデーはオアシス内にイースターエッグを隠し、それを手にした者に5000億ドルの財産とオアシスの運営権を与えるという遺言を残す。
イースターエッグを手にするためには3つの鍵を入手する必要があり、オアシスにいる世界中のプレーヤーが鍵を入手しようと試みたが、5年の間鍵を手に入れた者は一人もいなかった。

幼い頃に両親を亡くした17歳の少年ウェイドも、第一の鍵を手に入れるためのレースに日々挑み続けていた。ある日、レースの中でアルテミスという女性に出会ったことから、ウェイドはあることに気付き、、、。

この映画のポイント

VRを使用したオンラインゲームの世界が、とにかく刺激的で引き込まれます。
映画やアニメなどのポップカルチャーが存分に盛り込まれている世界観に、迫力のあるCGや謎解きのクエストなど飽きさせない演出が満載です。

キティちゃんやゴジラ、ガンダム、「バック・トゥ・ザ・フューチャ」のデロリアンなども劇中に登場していて、そのほかにもたくさんの有名なキャラクターがカメオ出演しているので、ちらっと出てくる有名なキャラクターを発見する楽しみもあります。
映画の中に入り込むシーンがあったり、戦闘シーンでは有名なキャラクター同士が戦ったりと、ワクワクする展開が散りばめられた映画です。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

時間
1時間59分
製作年
2018年
製作国
アメリカ
監督
ジェイク・カスダン
出演
ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケヴィン・ハート
あらすじ

ゲームオタクのスペンサー、アメフト部員のフリッジ、運動嫌いなマーサ、自撮りが大好きなベサニーの4人は、それぞれ別の理由で居残りをさせられて、今は使われていない学校の部屋の掃除をさせられることになってしまう。
掃除中に「ジュマンジ」という古いゲーム機を発見した4人は、興味本位でゲームをプレイすることにしたが、プレイするキャラクターを選択した瞬間に、ゲームの世界に吸い込まれてしまう。

ジャングルの中で目覚めた4人は、現実の自分とは性格も体格も性別も違うキャラクターになっていた。野生動物たちが次々と襲いかかってきて、開始早々ピンチになる4人の前にナイジェルという男が現れるが、、、

この映画のポイント

ゲームに吸い込まれた4人が、ゲーム内のキャラクターのスキルを駆使して、ミッション達成のために命懸けで冒険していくのですが、それぞれ現実とは全然違うキャラクターに変わってしまっていて、4人ともかなり個性的でおもしろいです。
ライフは3つで、0になるとゲームオーバーだったり、死ぬと空から降ってきたりなどゲームならではの設定が満載で、ゲームの世界を存分に味わえます。

派手なアクションや凶暴な動物たちに追いかけられたりとハラハラするシーンはもちろんですが、ゲームのあるあるネタや笑えるシーンも多く、コメディーとしてもかなり楽しめます。

ピクセル

時間
1時間45分
製作年
2015年
製作国
アメリカ
監督
クリス・コロンバス
出演
アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、ミシェル・モナハン
あらすじ

1982年、ゲームの世界大会が開催され、その記録映像をNASAが宇宙に向けて発信した。
2015年、グアムにある基地が何者かに攻撃を受け壊滅的な被害を受ける。それは、宇宙に送った記録映像を、地球からの宣戦布告だと勘違いした地球外生命体からの攻撃だった。
地球外生命体は、記録映像に映っていたゲームのキャラクターに姿を変えて、世界各地を攻撃し、ピクセル化していってしまう。

軍隊では全く歯が立たず、地球の運命を託されたのは民間人のゲーマーたちだった。1982年当時ゲーム大会で世界2位になったブレナーは、大人になっても冴えないオタクのままだったが、そのゲーム知識と腕をかわれて、当時のゲームのチャンピオンたちと一緒に、地球を守るため戦うことになるが、、、。

この映画のポイント

パックマンやドンキーコングなど、80年代に一世を風靡したアーケードゲームのキャラクターたちが地球を攻撃してきて、オタクが世界を救うという今までに見たことのないストーリーの映画です。ゲームのルールは簡単なので、登場するゲームをプレイしたことがなくても、子どもから大人まで楽しめる内容になっています。

ゲームのキャラクターが現実世界で暴れ回り、建物や車などがどんどんピクセルブロックになっていく不思議な世界観に引き込まれます。ゲームに勝利すると戦利品でもらえるピクセルのキャラクターがかわいくて癒されます。