今の気持ちや状況にあった映画を探せる

  • トップ
  • 真っ直ぐに生きたいときにおすすめな映画3選

真っ直ぐに生きたいときにおすすめな映画3選

子どもの頃は、誰しも素直で真っ直ぐなのに、大きくなるに連れて、いろいろ考えすぎてしまったり、感情が邪魔をして、自分の気持ちに正直に生きることが難しくなることもあります。

子どもの頃のような純粋な気持ちに戻って、ただ真っ直ぐに生きたくなったときに、おすすめな映画をご紹介します。

フォレスト・ガンプ

時間
2時間22分
製作年
1994年
製作国
アメリカ
監督
ロバート・ゼメキス
出演
トム・ハンクス、サリー・フィールド、ロビン・ライト
あらすじ

フォレスト・ガンプは、IQが75しかなく、背骨が歪んでいるため足に脚装具をつけていたが、皆と同じチャンスを与えたいという母親の思いから、養護学校ではなく公立の小学校に通うようになる。周りの子どもたちがフォレストに対して冷たい態度を取る中、ジェニーという女の子だけはフォレストに優しくしてくれて、やがて二人は仲のいい友達になる。

いつもいじめっ子に追い回されていたフォレストは、いじめっ子から逃げているうちに走るのが速い青年へと成長し、大学のアメフトチームでスター選手として活躍するようになる。
大学を卒業して軍に入隊したフォレストは、子どもの頃からずっと想い続けているジェニーと再会するが、ジェニーへの想いが叶わぬままベトナム戦争に行くことになり、、、。

この映画のポイント

日々の毎日の中で、仕事や人間関係やネガティブな感情に振り回されて、気づいたら本当にやりたいことができていなかったり、自分の大事なものや人に時間や労力を使えていないという人は多いのではないでしょうか?

主人公のフォレストは、とにかく真っ直ぐな人です。余計なことを考えず、多くを望まず、ただ自分の大事な人たちのことをとても大切にして、目の前のことにひたすら一生懸命に取り組む。フォレストの生き方をみていると、難しく考えずシンプルに生きることの素晴らしさを感じます。フォレストの純粋で真っ直ぐな姿に心が洗われるような、とてもいい映画です。

僕のワンダフル・ライフ

時間
1時間40分
製作年
2017年
製作国
アメリカ
監督
ラッセ・ハルストレム
出演
デニス・クエイド、ペギー・リプトン、K・J・アパ
あらすじ

車の中で脱水症状を起こして死にかけていたところを、たまたま通りがかった少年イーサンとその母親に助けられた一匹の仔犬。ベイリーと名付けられてイーサンの家で飼われることになるが、イーサンとベイリーはいつも一緒に過ごし、固い絆で結ばれていく。

高校生になったイーサンは、アメフトのクォーターバックとして活躍していた。ある日、ベイリーと一緒にサマーフェスティバルに出かけたイーサンは、ハンナという同い年の女の子と知り合う。やがて二人は恋人同士になり、イーサンとハンナとベイリーは毎日のように行動をともにするようになる。アメフトの特待生として大学への推薦が決まりそうなイーサンは、ハンナと同じ大学に行こうと約束するが、、、。

この映画のポイント

犬と飼い主の深い絆を描いた作品で、どんなに遠く離れても、時間が経っても、イーサンのことを思い、イーサンに幸せになってもらおうとするベイリーのひたむきさに心を打たれます。

誰かを大事に思う気持ちや、いつも一緒にいた大切な存在にもう一度会いたいという思いなど、純粋で真っ直ぐな気持ちを思い出させてくれる作品です。
犬目線で描かれているので、ベイリーの語りに笑えて泣けるとても素敵な映画です。犬好きな人や飼っていたペットを亡くした経験のある人は、号泣必至のストーリーです。

ウォーリー

時間
1時間38分
製作年
2008年
製作国
アメリカ
監督
アンドリュー・スタントン
出演
エリッサ・ナイト、 ジェフ・ガーリン、 ベン・バート
あらすじ

西暦2805年。人類は汚染された地球を捨て去り、宇宙船の中で生活していた。ゴミで埋め尽くされた地球で、たった一人でゴミ処理を続けているロボットのウォーリー。他のゴミ処理ロボットたちが動かなくなってからも、700年もの間、ゴミを圧縮して積み上げる作業をただひたすら繰り返してきた。

ウォーリーの楽しみは、ゴミの中から気に入ったものを家に持ち帰り、コレクションすること。特にミュージカル映画はウォーリーのお気に入りだった。ひとりぼっちのウォーリーは、映画の中の手を繋ぐシーンを見ては、誰かと手を繋いでみたいと夢見ていた。

そんなある日、宇宙からピカピカなロボットのイヴがやってくる。ウォーリーは自分以外のロボットが来たことに喜びイヴの後をついていくが、イヴは重要な任務のために地球に送り込まれていて、、、。

この映画のポイント

イヴのために一生懸命奮闘するウォーリーのひたむきで真っ直ぐな気持ちが、言葉はなくてもものすごく伝わってくるピュアな作品です。誰かと手を繋ぎたいというささやかな夢を持つウォーリーが、イヴと手を繋ごうとする姿がとってもかわいらしいです。