今の気持ちや状況にあった映画を探せる

  • トップ
  • 仕事に追われて余裕がないときにおすすめな映画3選

仕事に追われて余裕がないときにおすすめな映画3選

仕事が忙しい状況が続くと、自分のことが後回しになってしまったり、小さなことにもイライラしてしまったり、周りが見えなくなってしまったりと、余裕がなくなってしまうことも多いのではないでしょうか?

そんなときは、ふと立ち止まってゆっくり映画でも見てみませんか?

同じように仕事に追われている映画の主人公たちの人生から、何か気付かされることがあるかもしれません。

マイ・インターン

時間
2時間6分
製作年
2015年
製作国
アメリカ
監督
ナンシー・マイヤーズ
出演
ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ
あらすじ

ファッション通販サイトを運営する会社のCEOジュールズ・オースティンは、自分一人で始めた会社を、1年半で220人の社員を抱えるまでに急成長させ、忙しい日々を送っていた。

ある日、ジュールズの会社にシニア・インターン制度で採用された70歳のベンがやってきて、ジュールズ直属のインターンとなるが、ジュールズはベンに全く仕事を頼もうとしない。
そのため、やることがないベンは、他の人の仕事の手伝いをしたり、同僚へのアドバイスをしたりと、自分から仕事を見つけ動いていき、次第に年の離れた同僚たちにも馴染んでいく。

そんなある日、ベンにジュールズのインターンとしての初めての仕事が入るが、その仕事のために会議室に入ったベンは、ジュールズの会社の今後を左右する重大な話を聞いてしまい、、、。

この映画のポイント

この映画の登場人物たちは、仕事と家庭との両立、夫婦の問題、親との関係、楽しみや生きがいがない毎日を変えたいなどの悩みと向き合っています。同じような悩みを持っている人は多いと思うので、登場人物たちが苦悩したり頑張る姿には、自然と共感できるのではないでしょうか。

ベンの人柄が本当に素敵で、穏やかででしゃばらず、でも必要な時には年の功を生かしたアドバイスやサポートをしてくれる頼もしさがあって、こんな同僚がいたら最高だなと思いました。
一人でがむしゃらに頑張っているジュールズとの間に絆が生まれていく様子には、心があたたかくなります。

仕事の忙しさから余裕がなくなっていたり、仕事と家庭の両立に悩む人には特に見てほしい作品です。

プーと大人になった僕

時間
1時間44分
製作年
2018年
製作国
アメリカ
監督
マーク・フォースター
出演
ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル、ブロンテ・カーマイケル
あらすじ

クリストファー・ロビン少年は、親友のくまのプーや、子ぶたのピグレッド、ロバのイーヨー、虎のティガーたちと、100エーカーの森で楽しく過ごしていた。だが楽しい日々にも終わりがやってきて、クリストファーは寄宿学校に入るため、この場所を離れなくてはいけなくなる。「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」という言葉を伝え、プーと別れる。

月日は流れ、大人になったクリストファーは結婚して娘が生まれるが、仕事ばかりしているクリストファーは、妻と娘にはずっと寂しい思いをさせていた。
ある週末、妻と娘の3人で子どもの頃過ごしたコテージに行く約束をしていたクリストファーだったが、その日に休日返上で対応しなくてはいけない仕事が入り、その約束を守れなくなってしまう。2人を見送ったあと、家の側の公園でベンチに腰掛けると、そこには少年時代の親友プーがいた。

この映画のポイント

昔と変わらないプーさんと、大人になってすっかり変わってしまったクリストファー・ロビン。
家族のためにと仕事を頑張れば頑張るほど、家族との時間は減っていき、忙しく疲れ切っていて、心の余裕がない状態になってしまっていたクリストファー。久しぶりの再会を喜び、昔と変わらずクリストファーに接するプーさんとは対照的に、クリストファーは仕事のことで頭がいっぱいで、イライラしてばかりいました。

忙しい日々を送っていると、休みの日に何もしないで1日が終わってしまうと逆に罪悪感を感じたりと、何もしないことが無駄に思えてきて、いつも何かに追い立てられることも多いのではないでしょうか?
成果を出すことや頑張ることに疲れたときに、プーさんの純粋で何気ない言葉が、大人になって忘れていた大切な何かを思い出させてくれる映画です。ぬいぐるみのプーさんや仲間たちが、動いたり喋ったりしている姿もとても可愛くて癒されます。

ちょっと今から仕事やめてくる

時間
1時間53分
製作年
2017年
製作国
日本
監督
成島出
出演
福士蒼汰、工藤阿須加、 黒木華
あらすじ

厳しいノルマと150時間を超える残業、上司からのパワハラで精神的に追い詰められていた青山隆。 身も心も疲れ切って駅のホームから落ちそうになった青山の命を救ったのは、小学校の同級生のヤマモトと名乗る男だった。青山はヤマモトのことを全く覚えていなかったが、強引なヤマモトに押し切られ、その日から青山はヤマモトとよく会うようになる。

青山は、明るくてポジティブなヤマモトと過ごすうちに少しずつ前向きになっていき、昔営業をやってたというヤマモトのアドバイスを参考にした結果、仕事の契約も取れるようになっていた。

あの日、ヤマモトと再会できたことに感謝する青山だったが、同級生からの電話でヤマモトに関する驚くべき事実が発覚し、青山はヤマモトに不信感を持つが、、、。

この映画のポイント

仕事で追い詰められていた青山は、ヤマモトと一緒に過ごしているうちに、ゆっくり空を見上げることすら忘れてしまっていた自分に気付きます。
本当に追い詰められているときは、何も考えられなくなってしまって、早く今の辛い生活を終わらせたいと思ってしまうこともあるかと思います。そんな本当に辛いときに、絶対に忘れないでいてほしいことに目を向けさせてくれる映画です。

会社に行くことが辛くなってしまったり、何も考えられないくらい身も心も疲れ切ってしまったときには、ぜひ見てほしいです。